トレーシングレポートの運用

公開資料にも掲載していますが、地域薬剤師会や近隣の医療機関との合同で、トレーシングレポートの運用をおこなっています。


「疑義照会するほどではないけど、伝えた方が良いのでは?」と近隣薬局の先生方が感じた薬学的な報告や提案を院内の薬剤師が受けることで、次回以降の処方等に活かす取り組みに励んでいます。