薬剤部を知る

業務紹介

「興味」を大事に、実現しましょう

鹿嶋市唯一の二次救急指定病院であり、診療科の多さから、多岐に渡る病態の患者さんと関わることができます。そのため、病院薬剤師の業務は一通り経験できる環境です。やってみたいことや興味のある分野があれば、ぜひ教えてください。

処方箋調剤

処方は電子カルテによって行われます。発行された処方箋は、薬剤師によって処方監査を行い、投与量や併用禁忌、重複投与の有無等をチェックしています。

処方内容に疑義がある場合には、医師に照会し、処方内容確認や処方変更提案を行っています。

その後、計数調剤・計量調剤・一包化調剤等を行い、最終鑑査で正しく調剤されているか確認してから患者さんへお渡ししています。

注射箋調剤

投与量や投与速度、配合変化等を薬剤師がチェックし、注射薬調剤を行います。

TPN製剤(高カロリー輸液)は薬剤師がクリーンベンチ内で無菌的にミキシングしています。無菌的に適切なミキシングを行うことにより、安全な薬物療法に寄与しています。

がん化学療法(外来・入院)

抗がん剤は適切に取り扱う必要のある代表的な薬剤です。当院では、適切な研修を受けた薬剤師が安全キャビネット内で抗がん剤のミキシングを実施しています。患者さんに安心して治療を受けていただくことが出来るよう、適切な環境でのミキシングを徹底しています。

薬剤師は抗がん剤の調整・管理だけではなく、患者さんへの抗がん剤治療の説明や副作用の確認、医師への処方提案など、がん治療に深く関わっています。

医薬品情報管理

医薬品が適正かつ安全に使用されるために、医薬品情報の収集・管理・発信を行っています。

具体的には、

病院内・外からの医薬品に関する問い合わせ対応

厚生労働省、PMDA、各製薬会社より発信される医薬品情報を収集・整理

患者さん向けの資料作成

医療従事者向けの資料作成

などを行っています。

病棟薬剤業務

各病棟に担当薬剤師を配置して病棟業務を行っています。適切な薬物療法を受けられるよう、病棟薬剤師が患者さんへ服薬指導を行い、薬の使用方法や用法・用量、薬効や注意事項などを説明しています。服薬指導の際に得られた情報は、他の医療スタッフへフィードバックし共有しています。

また、持参薬の確認を行い、相互作用や重複投与等がないかチェックし、安全な薬物療法が行われるよう努めています。その他、配薬カートへの薬剤セットや病棟での医薬品管理、投薬状況の確認などを日々行っています。

製剤業務

市販されている薬では効果が得られない場合や、市販されている薬の形そのままでは治療に使用できない場合など、患者さんの多種多様なニーズに応じて薬を調製します。

院内製剤の安全性や質の確保を実現するために、日頃から医師や看護師と連携をとり、患者さんへの使用状況の把握にも努めています。