メッセージ

A.Yさん 中途入職3年目

出身地:北海道札幌市

子育てと仕事を両立するために

数年前に主人の転勤による転居で鹿行地域を訪れました。未就学児の子育て中のため、勤務先を探す際には「病院薬剤師」・「薬剤師も利用可能な病院付属保育所」・「休日希望の合致」、この3つの条件が揃う病院を探していました。当時、この3つの条件が揃う病院は小山記念病院しかなく、必然的に当院への入職を決めました。

スタッフ全員で協力し合う雰囲気が心強い

幼少期の子どもは急に発熱したりするので、急遽休みを取らないといけない状況も多々あります。私は以前、薬剤師が5名以下の病院に勤務していて「どうしても休めない」という状況も何度か経験しました。当科は子育て中の女性が多いわけではありませんが、先輩・同僚の理解があり、急な休みなども相談しやすい雰囲気があります。子育てをしていく上で、こうした周りの方の協力体制は、本当にありがたいと感じています。子育てに関する休みに限らず、学会などで誰かが休みの日も、スタッフ全員でフォローし合うことができる気持ちのよい職場です。スタッフ全員が一通りの業務ができるような体制となっているので、お互いにカバーし合える領域が広いことも働きやすさにつながっていると思います。

 

育児と仕事を両立する上で、私が心がけていることが3つあります。1つ目は、完結型の仕事をすることです。もし急に休むことになってしまっても、他のスタッフが困らないように、自分で受けた業務は完結してから帰るようにしています。2つ目は、夫の理解をしっかり得ること。家庭内の業務を夫と分担し、どちらかに負担が偏らないように、お互いに協力しながら家事・子育てしています。3つ目は、子どもにも働くことの重要性を伝えること。働く意味や仕事の楽しさを少しずつ分かってもらえたらと思っています。

お母さん、お子さんの未来を守る

現在は産婦人科病棟の担当薬剤師として、医師・看護師と連携しながら、妊婦さん・授乳婦さんに服薬指導を行っています。産婦人科領域は女性のナイーブな部分に触れることも多いため、お母さんの気持ちの面にも寄り添いながら指導することを心がけています。そして、常に念頭に置いているのは、私たち薬剤師が「お母さんとお腹の赤ちゃんの2人の未来を少なからず背負っている」ということ。産前・産後の薬の使用方法などを相談されることも多く、薬の母体への影響だけでなく、お腹の赤ちゃんや授乳への影響などの専門知識が問われる難しい分野ではありますが、他職種やお母さんから感謝されることも多く、やりがいをもちながら働いています。

〈子育てと家事〉

2歳と6歳の子育てに追われています。

育児、家事に協力的な夫に感謝!

  休日の過ごし方  

よく見られているキーワード

MESSAGE

私が小山を選んだ理由

  • 小山記念病院 薬剤科

    新人の気持ちを

    分かってくれる先輩

    R.Yさん 入職2年目

    出身:茨城県神栖市

  • 小山記念病院 薬剤科

    一緒に頑張ろう、に

    惹かれて

    M.Iさん 入職5年目

    出身:千葉県佐倉市

  • 小山記念病院 薬剤科

    鹿行地域の医療を

    変えたい

    R.Sさん 入職5年目

    出身:茨城県神栖市

  • B84X0615.jpg

    子育てと仕事を

    両立するために

    A.Yさん 中途入職3年目

    出身:北海道札幌市

  • 小山記念病院 薬剤科

    薬剤師介入が患者さんの

    QOL向上につながる

    R.Hさん 入職6年目 主任補佐

    出身:茨城県潮来市

  • 小山記念病院 薬剤科

    スタッフ間の壁がなく、

    連携しやすい

    Y.Kさん 入職6年目

    出身:茨城県北茨城市

  • 小山記念病院 薬剤科

    信頼関係構築が

    薬剤師の醍醐味

    Y.Eさん 入職7年目 主任

    出身:茨城県桜川市

  • 小山記念病院 薬剤科

    チーム医療に

    取り組める病院

    J.Nさん 入職8年目 主任補佐

    出身:千葉県銚子市

ACTION

活動報告

小山記念病院

薬剤科

〒314-0030 茨城県鹿嶋市厨5-1-2

TEL.0299-85-1111(代)

Copyright © Koyama Memorial Hospital. Allright Reserved.

本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。

※掲載職員の役職・仕事内容などは、取材当時のものです。