教育・キャリア

研修・教育制度

不安な1年目を薬剤部全員で支える

新人教育は、薬剤部の新入職者教育カリキュラムに基づき2名の教育担当者が中心となって指導を行います。認定実務実習指導薬剤師が2名おり、新人への研修制度も整っています。

1年目以降もスキルアップ支援制度によって、継続的な学びがしやすい環境です。

新入職時研修

グループ合同で全4日間に及ぶプログラムを実施。

社会人としての知識や心構え、接遇・ホスピタリティを学ぶことができ、新入職員同士の交流を深めることができます。

 

[1日目]

ホスピタリティ研修

レクリエーション(ピザづくり)

個人情報保護について

郷土の歩み 奉仕の心(鹿島神宮宮司)

日本人の心・モラル・礼儀作法(真言宗 智山派住職)

 

[2日目]

接遇&ビジネスマナー研修

[3日目]

社会貢献活動(鹿島神宮の清掃)

入社式・院内朝礼

院内感染について

リスクマネージメントについて

救急蘇生について

 

[4日目]

院内感染について

私のモラル宣言

所属長挨拶

写真撮影

グループ施設紹介

薬剤部 新人研修制度

新人研修の特徴

  • 認定実務実習指導薬剤師が2名おり、新人への研修制度が整っています。

  • 先輩薬剤師が2名体制で新人薬剤師をフォローをします。

  • 年間スケジュールが決まっているため、研修漏れ等の心配はありません。

  • 薬剤部内研修も非常に活発で、興味のある領域の薬剤や疾患の勉強会は、希望を出せば、その都度勉強会の開催が可能です。

研修スケジュール例

月に1回、教育担当と面談を開催し、悩みや問題に対して解決策を話し合うフォロー体制をとっています。

小山記念病院 薬剤部 研修スケジュール例

スキルアップ支援制度

学会・勉強会参加費用は病院で全額負担します。(出勤扱いで全額病院が負担します。)

[スキルアップ支援制度 利用例]

日本病院薬剤師会認定 がん薬物療法認定薬剤師の認定取得に必要な、研修施設での3か月研修に、本薬剤部の薬剤師1名が参加しました。

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)での、3か月間の研修費及び宿泊費を全面的に援助頂きました。

研修以外にも、認定取得に必要な講義受講のため、大阪市・京都市・福岡市等、遠方への研修の費用も、 全面的に援助を頂きました。 

院外研修・学会への積極的な参加

院外研修は基本的技術や専門的知識の向上のため、自ら積極的に参加しています。

薬剤部ではほぼ全ての職員が、年2回以上、遠方を含めた学会に参加しています。

学会発表の推奨

学会・学術大会等での発表も積極的に行っています。

薬剤部ではほぼ全ての職員が、年2回以上、遠方を含めた学会に参加しています。

認定薬剤師資格取得

専門分野で経験を重ねたのち、認定薬剤師を目指す方は病院がバックアップします。

認定薬剤師も最短の実務5年での取得可能です。

講習費用はすべて病院が負担します。

 

[既取得者]

日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師:4名(花香、榎戸、坂本、深水)

日本病院薬剤師会薬学認定薬剤師:3名(花香、石井、坂本)

日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師:1名

日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師:1名

日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師:1名

日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師:1名

NST専門療法士: 1名

日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師:1名

高血圧・循環器病予防療法士:2名

腎臓病療養指導士:1名

認定実務実習指導薬剤師: 2名

日本アンチドーピング機構 公認スポーツファーマシスト:2名

日本災害医学会 災害薬事研修コース(PhDLS)研修修了者:2名

日本集中治療教育会 Fundamental Critical Care Support(FCCS)プロバイダーコース修了者:1名

日本環境感染学会 災害時感染制御支援チーム(DICT)登録メンバー:1名

漢方薬・生薬認定薬剤師:1名

院内研修

定期の院内研修に加えて、薬剤部では新薬の説明会や疾患に関する勉強会を行っています。 また、院内スタッフ向けに、医療安全・がん化学療法・糖尿病・栄養療法等に関する勉強会を開催 しています。

薬学実務実習

実習スケジュールを作成し、薬学生の実務実習を受け入れています。実習内容はモデルコアカリキュラムに基づいていますが、当院独自の実習も織り交ぜながら、多彩な教育体制を敷いています。

(症例プレゼンテーション、血糖測定と模擬自己注射、抗がん剤の混注等)