小山で働く

薬薬連携

地域全体で患者さんのQOLを高める

鹿行医療圏の薬剤師数は極めて少なく、地域の薬剤師が連携して患者さんのQOLを高めることが大切だと考えています。

特に当院は、がん化学療法実施件数が5年前と比較して3倍以上に増えており、地域の薬局との連携が副作用防止のためにも重要だと考え、薬薬連携に取り組んでいます。

連携医療機関・薬剤師会

白十字総合病院

鹿島病院

神栖済生会病院

潮来薬剤師会

具体的な取り組み

治療情報の共有(おくすり手帳用シール発行)

薬局と治療情報の共有を行うために、2012年からおくすり手帳用シールを発行しています。

治療の事実

告知の状況

治療レジメン

を共有し、患者さんへの指導や観察、薬学的な介入に繋げていくことを目的としています。

小山記念病院 薬剤部 おくすり手帳用シールサンプル

小山記念病院発行 おくすり手帳用シール

あなたとわたしの治療日記

小山記念病院 薬剤部 治療日記表紙

薬剤師と患者間の情報共有を手助けする「あなたとわたしの治療日記」を鹿行地域の薬剤師全員で製作しました。

*第1版 2014年8月1日 発行

小山記念病院 薬剤部 治療日記