教育・キャリア

キャリアプラン

個々の興味に合わせたキャリア設計

当科では、画一的なキャリアパスではなく、個々の興味に合わせたキャリアが歩めるよう、バックアップしていきます。

先輩の歩みから、あなたが目指す理想の薬剤師像・働き方を思い描いてみてください。

小山記念病院 薬剤部

入職2年目/1年目からあらゆる経験を。

現在は産婦人科病棟の担当薬剤師としての業務と調剤や監査など薬局の業務も一通り行っています。いずれは先輩方のように興味のある分野の認定薬剤師を取得できるよう頑張りたいです。

小山記念病院 薬剤部

入職5年目「妊娠と薬相談外来」を立ち上げたい。

将来的には「妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師」を取得し、産科医師や助産師とともに「妊娠と薬相談外来」を立ち上げ、カウンセリングを行いたいと考えています。

小山記念病院 薬剤部

入職5年目ASTの中心メンバーとして活躍。

AST (抗菌薬適正使用支援チーム)は来年度からの本格始動に向けて、準備を進めているところです。抗菌化学療法認定薬剤師の資格を取得し、その後、地域医療の底上げに携わりたいと考えています。

小山記念病院 薬剤部

中途入職3年目/子育てと仕事を両立。

子育てをしながら、産婦人科病棟の担当薬剤師として勤務しています。赤ちゃんや授乳への影響などもあって難しい分野ですが、他職種やお母さんから感謝されることも多く、やりがいをもって働いています。

小山記念病院 薬剤部

入職6年目/薬学生や後輩の教育に携わりたい。

いずれは認定実務実習指導薬剤師の資格を取得したいと考えています。薬学的知識だけではなく、メンタル面やコミュニケーションスキルについても支援していきたいです。

小山記念病院 薬剤部

入職6年目/緩和ケア領域について学びを深めたい。

認定(緩和薬物療法認定薬剤師)取得を目指しています。

緩和ケアチームにおいて薬剤師は、医療用麻薬を中心とする薬剤の情報提供や適正使用、服薬指導などの役割を担っています。

小山記念病院 薬剤部

入職7年目/薬と栄養の両面から患者さんを支えたい。

栄養は、薬と同じように退院中から退院後も継続していく部分なので、「NST専門療法士」の資格を取得し、薬と栄養の両面から患者さんを支援できるような薬剤師になりたいと考えています。

小山記念病院 薬剤部

入職8年目/外来がん治療認定薬剤師取得を目指して。

化学療法担当として日々の業務に真摯に向き合っていく中で自分の知識・技術不足を痛感し、「知識・技術を磨いて患者さんの役に立ちたい。」という想いから、認定取得を目指しています。