周術期患者に対する入院前問診

更新日:7月26日

2021年10月より、入院予定の患者さんに対する入院前問診を開始しました。主な目的は、手術・検査延期の回避であり、薬剤師が入院前に介入することで、正確な薬剤情報の聴取が可能となり、安全な医療提供に繋がると思われます。

また、術前休薬が必要な薬剤が一包化されている場合は、近隣薬局の先生方とも連携を図り、中止薬を抜いていただく取り組みもおこなっています。