メッセージ

Y.Fさん 入職2年目 認定薬剤師

_S2A6296.jpg

出身地:茨城県つくば市

未来を見据えた医療体制を築くために

前職では、集中治療や感染症を中心とした急性期医療に携わってきました。その中で感染症の認定資格を取得することができ、今後も資格を生かした仕事がしたいと考えるようになりました。そんな時、感染症のチームを新設するという話を耳にしたのが小山記念病院を知るきっかけでした。見学や面接を重ねるにつれ、薬剤部全体で専門性を高めたいという雰囲気が伝わり、年齢層も若く互いに切磋琢磨できる環境だと思いました。さらに、病院として薬剤師の資格取得のサポート体制があり、とても恵まれた環境に魅力を感じました。自分の今までの経験が医療過疎地と言われる鹿行地区の患者さんや病院にどれだけ貢献できるか、そして自分には何が足りないかを見つめなおし、医療者としてさらなる高みを目指すために小山記念病院で働いてみたいと思い、転職を決めました。

_S2A6288.jpg

今後受診される患者さんを考えた医療体制の構築を。

他職種からの問い合わせがない日はなく、患者さんから直接質問や連絡を受けることもあります。緊急を要し、知識や経験がないと返答しにくい内容についてもしばしば相談を受けます。そのような時は、専門的な知識を共有したり、共に情報収集にあたり早急な対応を行っています。「3人寄れば文殊の知恵」という状況を常に作れているのは当院薬剤部の強みだと思います。
学会や研修会の参加後は薬剤部内の報告会を必ず設け、様々な分野に触れて知識を共有し、薬剤部の底上げを図っています。また、認定取得者から講義を行い、これから専門性を目指している薬剤師のモチベーションを高めています。専門性を志す人が増えれば、今後当院を求めて来られる患者さんに提供できる医療の質をより高めることができると考えます。一人でも多くの患者さんを救う次世代の薬剤師を育てることを使命として、自身も研鑽し、日々励んでいます。

がんと感染症に強い鹿行地区の病院を目指して

当院は地域がん診療病院となっており、同時にがん薬物療法認定薬剤師研修施設、がん診療病院連携研修認定病院でもあります。化学療法担当の薬剤師は、部長を筆頭に主任と私の3人ですが、常に探究心を持って限られた時間の中で議論を重ね、医師と協議し質の高い医療の提供を心がけています。日々の中で知識や経験を蓄え、自身もがん領域の認定を目指したいと思います。一方、私がもう一つ専門としている感染症領域では、昨年度に抗菌薬適正使用支援チームが発足されたばかりです。まだ発展途上ではありますが、学会発表なども積極的に行い5年後、10年後には「鹿行地区の感染症治療は小山記念病院」と呼ばれる医療機関を目指したいと考えています。当院の発展のみならず、鹿行地区の医療機関と密な連携を図り、新しいエビデンスの構築を実現することが私の夢です。

_S2A6299.jpg

〈家族との時間〉

家族で甘いものを食べに出かけたり、公園や保育参観で子どもたちとの時間を楽しんでいます。

  休日の過ごし方