メッセージ

Y.Kさん 入職6年目

出身地:茨城県北茨城市

和やかな雰囲気とスキルアップしやすい環境

大学で開催された就職説明会で小山記念病院を知りました。大学は茨城県外でしたが、茨城に戻って働きたいと考えていたので、まずは見学に来てみました。薬剤師さんと一緒に薬局や病院内を案内してもらっている時に、その薬剤師さんと患者さんが和やかに話す場面を見て「この病院の雰囲気が、自分には合っているかも」と感じたことが、当院を選んだ理由の1つです。そして、科長がたくさんの資格を取得されていて、若手でもスキルアップができることを証明していたので、当院なら自分の興味を伸ばせそうだと思い入職を決めました。

薬剤師は薬局や企業など、就職先として様々な選択肢があると思いますが、私の場合、薬剤師だけではなく、他職種とも連携しながら働きたいと考えていたので、病院薬剤師になることに迷いはありませんでしたね。

スタッフ間の壁がなく、連携しやすい

私が思う当院の1番の魅力は「人間関係の良さ」です。薬剤師間は当然ながら、医師、看護師、コメディカルとのコミュニケーションがとりやすく、連携しやすい環境の中で働くことができます。薬剤師は医師や看護師から薬剤の使用について相談されることも多いため、話しやすい関係性を築くことも日頃から意識していることです。

 

これから携わりたいと考えているのは教育の分野です。当院は薬学生の実務実習を受け入れているので、いずれは認定実務実習指導薬剤師の資格を取得したいと考えています。後輩に指導することで自分自身も改めて勉強でき、結果的に自分のスキルアップにつながると思いますし、後輩の成長を見るのはとてもうれしいものです。薬学的知識だけではなく、メンタル面やコミュニケーションスキルについても支援できるような存在を目指したいと思います。

服薬指導の結果、「ちゃんと飲むからね」

新人の頃に、お薬を飲んでくれない患者さんに根気強く服薬指導を行ったことが印象に残っています。はじめは頑なだった患者さんが、30分程お話を続ける中で少しずつ打ち解けてくれて、薬を飲んでくれるように。そして退院時には「頑張ってね。薬もちゃんと飲むからね。」と言ってくれました。患者さんの表情とその時のやり取りは5年以上経った今でも忘れられないですね。

〈料理〉

好きなもの(揚げ物)を好きなだけ作って食べるのが自分へのご褒美です。同僚や同期を招いて手料理をふるまうこともあります。

 

〈同期と集まる〉

同じ寮だった同期とは今でも仲良しで、定期的に集まります。寮は他職種の友人ができるのでおすすめですよ。

  休日の過ごし方  

よく見られているキーワード

MESSAGE

私が小山を選んだ理由

  • 小山記念病院 薬剤科

    新人の気持ちを

    分かってくれる先輩

    R.Yさん 入職2年目

    出身:茨城県神栖市

  • 小山記念病院 薬剤科

    一緒に頑張ろう、に

    惹かれて

    M.Iさん 入職5年目

    出身:千葉県佐倉市

  • 小山記念病院 薬剤科

    鹿行地域の医療を

    変えたい

    R.Sさん 入職5年目

    出身:茨城県神栖市

  • B84X0615.jpg

    子育てと仕事を

    両立するために

    A.Yさん 中途入職3年目

    出身:北海道札幌市

  • 小山記念病院 薬剤科

    薬剤師介入が患者さんの

    QOL向上につながる

    R.Hさん 入職6年目 主任補佐

    出身:茨城県潮来市

  • 小山記念病院 薬剤科

    スタッフ間の壁がなく、

    連携しやすい

    Y.Kさん 入職6年目

    出身:茨城県北茨城市

  • 小山記念病院 薬剤科

    信頼関係構築が

    薬剤師の醍醐味

    Y.Eさん 入職7年目 主任

    出身:茨城県桜川市

  • 小山記念病院 薬剤科

    チーム医療に

    取り組める病院

    J.Nさん 入職8年目 主任補佐

    出身:千葉県銚子市

ACTION

活動報告

小山記念病院

薬剤科

〒314-0030 茨城県鹿嶋市厨5-1-2

TEL.0299-85-1111(代)

Copyright © Koyama Memorial Hospital. Allright Reserved.

本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。

※掲載職員の役職・仕事内容などは、取材当時のものです。